70万年後


70万年後 『春』
 星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

70万年後 『春』

南の低空では、てんびん座ベータ・ズベンエスカマリ(1.4等星)と、おとめ座アルファ・スピカ(1.0等星)が並んで輝く。ここから1万6000年後に、2.5度まで接近する。
頭上のおおぐま座エータ・アルカイド(1.4等星)の周りには3等星が四角く並び、うしかい座の頭の上にも、元・北斗七星の2等星たちが、何か星座がイメージできそうな形に並んでいる。

70万年後 『夏』
 星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

70万年後 『夏』

北斗七星の星、アリオト(1.1等星)とミザール(2.0等星)が並んで輝いている。りゅう座ガンマ・エルタニン(1.0等星)や、へびつかい座ベータ・ケバルライ(2.4等星)とともに、北の空に並び、夏の星座の目印になるだろう。
いて座のあたりには、わし座ゼータ・デネブオカブ(1.2等星)が、いて座の星たちとともに輝いている。

70万年後 『秋』
 星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

70万年後 『秋』

へび座シータ・アリア(1.2等星)が、ペガススの足元で1等星となる。がらんとしている南天低くには、いるか座ベータ・ロタネブ(2.0等星) アンドロメダ座アルファ・アルフェラッツ(2.1等星)くじら座アルファ・メンカル(2.0等星) が、同じ明るさで細長い三角形を作っている。

70万年後 『冬』
 星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

70万年後 『冬』

ペルセウス座に1等星が3つ集まる。こと座アルファ・ヴェガ(0.5等星) ケフェウス座アルファ・アルデラミン(1.3等星)が太陽系から離れつつあり、ぎょしゃ座ベータ・メンカリナン(0.5等星)は、逆に近づきつつある。ペルセウス座アルファ・アルゲニブ(1.8等星)とその周りの星たちも輝き、オリオン座付近と同じ賑やかさだ。

70万年後 『南天』
 星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

70万年後 『南天』

1等星

  位置(J2000)   位置(J2000)
順位 名前 明るさ 距離
(光年)
赤径 赤緯 順位 名前 明るさ 距離
(光年)
赤径 赤緯
1 カノープス -0.30 360 6h44.3m -48°36′ 11 アンタレス 1.04 600 16h20.1m -30°59′
2 リゲル 0.29 810 5h15.9m – 8°18′ 12 アケルナル 1.09 190 3h25.1m -60°29′
3 ヴェガ 0.47 31 3h59.5m +28°28′ 13 アリオト 1.10 60 15h53.8m +43°25′
4 メンカリナン 0.50 43 4h 4.2m +40°49′ 14 デネブオカブ 1.21 37 18h50.5m -33°21′
5 ξSER 0.55 27 11h29.4m -58° 6′ 15 アリア 1.22 28 21h53.7m +29° 0′
6 ハダル 0.69 540 13h 4.3m -64°21′ 16 デネブ 1.24 3200 20h43.2m +45°35′
7 ベテルギウス 0.70 480 6h14.4m + 9°16′ 17 アルデラミン 1.30 29 3h33.5m +29°48′
8 アクルックス 0.97 350 11h26.5m -64°59′ 18 アルカイド 1.38 81 11h 7.3m +37°22′
9 エルタニン 0.99 83 17h40.4m +43°25′ 19 ズベンエスカマリ 1.45 94 12h56.0m -14°37′
10 スピカ 1.03 270 12h51.3m -17° 5′

太陽系に近い恒星ベストテン

  位置(J2000)
順位 名前 明るさ 距離
(光年)
赤径 赤緯
1 Hip6379 3.35 9.4 22h31.2m + 7°31′
2 Hip81935 4.20 10 6h59.2m -57°14′
3 Hip21386 1.53 12 12h26.3m +58°24′
4 Hip92871 8.16 15 23h12.8m -31°60′
5 Hip98878 3.60 16 5h53.2m -68° 6′
6 Hip87768 6.11 18 14h33.0m -32°29′
7 χORI 3.46 18 0h10.5m -31°45′
8 Hip36915 9.62 19 2h 4.1m +22°22′
9 μCNC 2.40 20 14h46.4m -72°25′
10 Hip53985 8.20 20 15h31.8m -11°31′