しし座

しし座は、星占いの星座の5番目。一般的な星占いでは、7月22日~8月22日生まれの人の星座です。
この星座の見頃は、3月から6月までの4ヶ月間。夜空を駆け上がる獅子の姿を見ることができます。

しし座
通称 宮(サイン)の名称 一般的な期間 見つけやすい時期 見つけやすさ
しし座 獅子宮(ししきゅう) 7月22日~8月22日 3月~6月ころ

獅子の心臓に輝くレグルス。『小さな王様』という意味のこの星、まさに獅子の心臓にふさわしい名前です。
しし座の目印は、小さな王様の星です。

しし座の見つけ方

しし座のレグルスは、春の空高くにぽつんと輝いているので、下の星図とあわせると、そう迷わずに見つけることができます。レグルスらしい星を見つけたら、その左側に、小さな三角形を探してみましょう。見つかれば、それがレグルスで間違いありません。レグルスの左にある小さな三角形に並んだ星は、獅子のお尻から尻尾にあたります。尻尾の先の星はデネボラ。「しっぽ」という意味です。

レグルスの上にクエスチョンマークを逆さまにした星の並びが獅子の頭。「ししの大鎌」と呼ばれています。よく見てみると、暗い星をつないでいくことで、前足、後ろ足も見つけることができます。しし座は、星座の中でも星並びの美しいもののひとつです。

しし座の目印は、心臓の星レグルスです。


しし座の見える場所

3月15日 20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
 3月15日ころ 20時ころ
 2月15日ころ 22時ころ
 1月15日ころ  0時ころ
12月15日ころ  2時ころ
11月15日ころ  4時ころ

4月15日 20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
 4月15日ころ 20時ころ
 3月15日ころ 22時ころ
 2月15日ころ  0時ころ
 1月15日ころ  2時ころ
12月15日ころ  4時ころ

5月15日 20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
 5月15日ころ 20時ころ
 4月15日ころ 22時ころ
 3月15日ころ  0時ころ
 2月15日ころ  2時ころ
 1月15日ころ  4時ころ

6月15日 20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
 6月15日ころ 20時ころ
 5月15日ころ 22時ころ
 4月15日ころ  0時ころ
 3月15日ころ  2時ころ
 2月15日ころ  4時ころ