かに座

かに座は、星占いの星座の4番目。一般的な星占いでは、6月21日~7月21日生まれの人の星座です。
この星座の見頃は、2月から5月までの4ヶ月間。冬の星座の後ろにひっそりと隠れています。

かに座
通称 宮(サイン)の名称 一般的な期間 見つけやすい時期 見つけやすさ
かに座 巨蟹宮(きょかいきゅう) 6月21日~7月21日 2月~5月ころ

冬の星座と春の星座の間、何もないように見える空にかに座はあります。都会の空では見えませんが、空のきれいな場所、都会でも双眼鏡があれば、ぼおっとした雲のようなものを見つけることができます。かに座の目印は、雲のような星の集まり、プレセペ星団です。

かに座の見つけ方

かに座には明るい星がなく、見つけるのが難しい星座の一つです。ふたご座のカストル・ポルックスと、しし座レグルス、冬と春の1等星を結んだ線上、暗い星で作る小さな4角形がかにの甲羅になる、というのですが、都会ではまず見えないでしょう。その4角形の上にひとつ、下にふたつ、三角形に並んだ4等星があり、かにの足を表します。かに座はこのあたりにある、という探し方を覚えておいて、空のきれいなところに出かけたときに探してみてください。

かにの甲羅のなかには、散開星団のプレセペがあります。昔から注目されていた雲のように見える星の集まりですが、天の川の見えるような空でなければ、目で見るのは無理。けれども、星座の目印として星団があるのも珍しいので、あえてかに座の目印にしてみました。かに座の目印は、甲羅のプレセペ星団です。


かに座の見える場所

2月15日 20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
 2月15日ころ 20時ころ
 1月15日ころ 22時ころ
12月15日ころ  0時ころ
11月15日ころ  2時ころ
10月15日ころ  4時ころ

3月15日 20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
 3月15日ころ 20時ころ
 2月15日ころ 22時ころ
 1月15日ころ  0時ころ
12月15日ころ  2時ころ
11月15日ころ  4時ころ

4月15日 20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
 4月15日ころ 20時ころ
 3月15日ころ 22時ころ
 2月15日ころ  0時ころ
 1月15日ころ  2時ころ
12月15日ころ  4時ころ

5月15日 20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
 5月15日ころ 20時ころ
 4月15日ころ 22時ころ
 3月15日ころ  0時ころ
 2月15日ころ  2時ころ
 1月15日ころ  4時ころ