やぎ座

やぎ座は、星占いの星座の10番目。一般的な星占いでは、12月22日~1月20日生まれの人の星座です。
この星座の見頃は、9月から11月までの3ヶ月間。夏と秋の星座を分ける空に見ることができます。

やぎ座
通称 宮(サイン)の名称 一般的な期間 見つけやすい時期 見つけやすさ
やぎ座 磨羯宮(まかつきゅう) 12月22日~1月20日 9月~11月ころ

季節の境目の星座、かに座てんびん座、そしてこのやぎ座は、星占いの星座の中でも見つけるのが難しい星座。やぎ座の目印は、ペアの星3組が作る逆三角形です。

やぎ座の見つけ方

やぎ座はいて座のあと、秋の星座のさきがけとして昇ってきます。比較的南にあるので、見えている期間はそう長くはなく、夏休みの終わり頃から11月いっぱいが見ごろ。

明るい星がないので、見るのは難しい星座です。夏の大三角の星のひとつ、わし座アルタイルと、秋のただひとつの1等星、みなみのうお座フォーマルハウトを結んだ間、ぽっかり開いた空間に暗い星がペアを作り、そのペアを3組見つけることができれば、それが半山羊半魚のやぎ座の姿。その姿は、さかさまの三角形の星並びになんとも微妙に合っています。ギリシャ神話で、怪物に襲われてあわてて逃げ出した牧神パーンの変身に失敗した姿、という話を思い出し、私はこの星座を見つけるたびに、なんだか楽しくなります。

みっつのペアのそれぞれの間にも、暗い星がぽつぽつと並んでいます。こちらは、空のきれいなところでないと見えない星たちです。さかさまの三角形が見つかれば、やぎ座を見つけたといってもいいでしょう。

やぎ座の目印は、3つのペアが作る逆三角形です。


やぎ座の見える場所

9月15日 20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
 9月15日ころ 20時ころ
 8月15日ころ 22時ころ
 7月15日ころ  0時ころ
 6月15日ころ  2時ころ

10月15日 20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
10月15日ころ 20時ころ
 9月15日ころ 22時ころ
 8月15日ころ  0時ころ
 7月15日ころ  2時ころ