おひつじ座

おひつじ座は、星占いの星座の1番目。一般的な星占いでは、3月21日~4月20日生まれの人の星座です。
この星座の見頃は、11月から2月までの4ヶ月間。しずかな秋の空高くに見えています。

おひつじ座
通称 宮(サイン)の名称 一般的な期間 見つけやすい時期 見つけやすさ
おひつじ座 白羊宮(はくようきゅう) 3月21日~4月20日 11月~2月ころ

秋の空は明るい星が少なく、そうでなくても難しい都会の空での星座探しを更に困難にしていますが、おひつじ座の目印は、そのツノに輝く2等星です。

おひつじ座の見つけ方

おひつじ座が見頃の頃には、秋の星座の目印の秋の四角形がほぼ天頂に見えていますが、その四角形、ペガススのお腹の星からアンドロメダ座へと、星がポツポツと並んで「ひしゃく」のような形を作っています。その南側、四角形の辺1つ分くらい離れたところにある2等星がおひつじ座のツノの星、アルファ星のハマルです。そのすぐそばにはベータ星のシェラタンがもう一つのツノの星。

別の探し方として、東隣の星占いの星座、おうし座の肩にある「すばる」から西に伸ばして探す方法もあります。すばるの星たちは、明るい星という訳ではありませんが、街中でも結構見つけることができます。満月よりも一回り大きな範囲に、3~4等星の星が6個ほど集まっているので、同じ明るさの星がぽつんとあるよりも目につきやすいのでしょう。

星座絵を見ていただいてもわかるように、他に星をつないで牡羊の姿を描く、というのは不可能。羊の姿に星が並んでいるわけではありません。
おひつじ座の目印はツノの星。これを見つけられたら「おひつじ座を夜空で見つけた」と言ってよいと思います。


おひつじ座の見える場所

11月15日20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
11月15日ころ 20時ころ
10月15日ころ 22時ころ
 9月15日ころ  0時ころ
 8月15日ころ  2時ころ

12月15日20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
12月15日ころ 20時ころ
11月15日ころ 22時ころ
10月15日ころ  0時ころ
 9月15日ころ  2時ころ

1月15日20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
 1月15日ころ 20時ころ
12月15日ころ 22時ころ
11月15日ころ  0時ころ
10月15日ころ  2時ころ

2月15日20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
 2月15日ころ 20時ころ
 1月15日ころ 22時ころ
12月15日ころ  0時ころ
11月15日ころ  2時ころ
10月15日ころ  4時ころ