みずがめ座

みずがめ座は、星占いの星座の11番目。一般的な星占いでは、1月21日~2月19日生まれの人の星座です。
この星座の見頃は、9月から11月までの3ヶ月間。ペガススの頭のあたりに見ることができます。

みずがめ座
通称 宮(サイン)の名称 一般的な期間 見つけやすい時期 見つけやすさ
みずがめ座 宝瓶宮(ほうへいきゅう) 1月21日~2月19日 9月~11月ころ

秋に見えるお誕生日星座たちは、明るい星がないものが多く、見つけるのに苦労をします。みずがめ座は、おとなりの星座の星、みなみのうお座フォーマルハウトが目印です。

みずがめ座の見つけ方

みずがめ座は、水の入った瓶を持つ青年の姿をしています。全身が金色に輝いたという美少年ガニメーデスの姿。その持っている瓶から水が流れ出し、その流れていく先に、秋のひとつ星、フォーマルハウトがあります。

フォーマルハウトから逆に上へと、暗い星を遡って行く事ができ、その行き着く先に「三ツ矢」の家紋のように星がまとまっている所が水瓶の部分。その西には3等星がふたつあり、ガニメーデスの両肩を表しています。

「金色に輝いた」という割には身体の部分には明るい星はなく、星をつないでいくのは難しい。ギリシャ神話の神ゼウスが、意地悪して隠してしまったのでしょうか。

みずがめ座の目印は、みなみのうお座のフォーマルハウトです。


みずがめ座の見える場所

9月15日 20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
 9月15日ころ 20時ころ
 8月15日ころ 22時ころ
 7月15日ころ  0時ころ
 6月15日ころ  2時ころ

10月15日 20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
10月15日ころ 20時ころ
 9月15日ころ 22時ころ
 8月15日ころ  0時ころ
 7月15日ころ  2時ころ

11月15日 20時ころの空

左の星空が見える時期
日付 時刻
11月15日ころ 20時ころ
10月15日ころ 22時ころ
 9月15日ころ  0時ころ
 8月15日ころ  2時ころ