こぎつね座

こぎつね座ははくちょうの翼の下にありますが、天の川の中にある暗い星だけの星座なので、探すのは大変です。

こぎつね星図

こぎつね座

名称星座名こぎつね
略号Vul
学名Vulpecula
所有格Vulpeculae
英語名the Fox
設定者ヘヴェリウス
概略位置赤径20h10m
赤緯25°
面積268
季節
南中9月中旬
星数1等0
2等0
3等0
4等6
5等7
6等20
変光星457
データ出典:
 星座名・概略位置・星数:天文年鑑2009
 名称(星座名を除く):IAU Webサイト
こぎつね座とや座は、夏の大三角の中にある星座ですが、こじんまりとまとまって見つけやすいや座に比べると、こぎつね座はなんともつかみどころのない星座。正直、星をつないでもきつねの姿は見えてきません。こういう暗い星の星座を作る人物といえば、やまねこ座ろくぶんぎ座ヘヴェリウスです。

ヘヴェリウスは「ガチョウときつね座」と設定したようで、実際、星座絵にもガチョウをくわえたきつねの姿が描かれていますが、いつの間にかガチョウはきつねに食べられてしまったらしく、こぎつね座になりました。

M27

星の並びでは目立たないこぎつね座ですが、とても有名な天体がひとつあり、星座の名前はよく知られます。その天体はM27、アレイ星雲と呼ばれる惑星状星雲。写真で見ると「鉄アレイのようだ」ということで、アレイ星雲と呼ばれています。太陽程度の質量の星が最後を迎えるとき、周辺にガスを撒き散らし、そのガスが中心の星の紫外線を吸収し光っているものです。こと座のM57・リング星雲も惑星状星雲ですが、こちらのほうがずいぶんと大きく、惑星状星雲の中では一番先に発見されました。

空のきれいなところでは、双眼鏡でも見つけることができます。

M27 Astronomy picture of the day.