たて座

ヘヴェリウスが作った星座のひとつ。実在の人物の持ち物が星座になっています。

たて星図

たて座

名称星座名たて
略号Sct
学名Scutum
所有格Scuti
英語名the Shield
設定者ヘヴェリウス
概略位置赤径18h35m
赤緯-10°
面積109
季節
南中8月下旬
星数1等0
2等0
3等0
4等2
5等9
6等26
変光星492
データ出典:
 星座名・概略位置・星数:天文年鑑2009
 名称(星座名を除く):IAU Webサイト
ポーランド国王となったソビエスキーが持っていた盾。ソビエスキーは、1683年、当時大帝国であったオスマン帝国と戦い、キリスト教世界を救った英雄として名声を得た人物です。ヘヴェリウスが1690年にたて座を設定して発表した星図書のタイトルにも、自国の王であり英雄のソビエスキーの名がつけられているそうです。1

たて座は夏の空、わし座いて座へびつかい座の間の天の川の濃いところにあります。その上明るい星がないので、実際の空で探すのも、そこに盾の姿を描くのも難しいでしょう。このあたりは天の川が特に濃い場所で、双眼鏡で見ると、砂をこぼしたような姿が見えます。

恒星データ

Hipparcos
番号
バイ
エル
符号
赤径赤緯固有名
カタログ名
意味アルマゲスト名実視
等級
絶対
等級
スペクトル距離
(光年)
91117α Sct18h35.2m-8°15’   3.850.21K2III174
92175β Sct18h47.2m-4°45’   4.22-2.41G5II...689
90595γ Sct18h29.2m-14°34’   4.67-0.09A1IV/V291
91726δ Sct18h42.3m-9°03’   4.700.91F2IIIp d Del187
91845ε Sct18h43.5m-8°17’   4.88-1.14G8II522
90135ζ Sct18h23.7m-8°56’   4.660.82K0III191
93026η Sct18h57.1m-5°51’   4.830.82K1III207
データ出典: バイエル符号・等級・スペクトル・距離 Hipparcos 星表  絶対等級・独自計算  固有名・意味 星座の神話  アルマゲスト名 アルマゲスト