うお座

黄道12宮最後の星座。2匹の魚がひもでつながっています。

うお星図

うお座

名称星座名うお
略号Psc
学名Pisces
所有格Piscium
英語名the Fishes
設定者プトレマイオス
概略位置赤径0h20m
赤緯10°
面積889
季節
南中11月下旬
星数1等0
2等0
3等0
4等7
5等21
6等78
変光星163
データ出典:
 星座名・概略位置・星数:天文年鑑2009
 名称(星座名を除く):IAU Webサイト
星占いの星座としておなじみのこの星座ですが、2等星はおろか3等星もありません。4等星がポツポツと連なって南側の魚とひもを描き、αで北に折り返して、5等星がポツポツと北側の魚を描きます。都会の空ではまず、見つけることができない星座でしょう。

空の場所的には、ペガススの四角形の南側と東側にありますから、覚えやすい場所ではあります。空の暗いところにいくことがあったら、ペガススを目印に探してみてください。

ギリシャ神話では、美の女神アフロディーテとその子供エロスが、怪物テュフォンに襲われたときに魚に化けて逃げた姿とされています。はぐれてしまわないように、しっぽをリボンで結んだのですね。母親の子供への愛は神も人も同じというところでしょうか。

このテュフォンという怪物、ゼウスが世界を治めたときの最後の敵で、肩からは蛇が100匹もついた首が伸び、目から火を噴いたというもので、ギリシャ神話のもう一つの怪物エキドナとたくさんの怪物を生み出しました。レルネの沼のヒドラや地獄の番人ケルベロス、キメラなど。その後、エキドナはスフィンクスやネメアの森のライオンも生んだといいます。テュフォンは、タイフーンの語源であるとも言われ、まさに、怪物が暴れているのが台風、恐ろしいわけです。

魚は、初期のキリスト教のシンボルとされ、シリアやエジプトなどでも、神の化身と考えられていたようです。うお座木星土星が接近したのが、キリスト誕生の際に現れたというベツレヘムの星ではないかとも言われています。

春分点

うお座には、春分の日に太陽がやってくる、春分点があります。いえ、それは逆で、春分点を太陽が通過する日が春分の日。地球の赤道を空に伸ばした点の赤道と太陽の通り道黄道が交わるところ、それが春分点と秋分点です。

これも有名な話ですが、星座ができた頃には春分点はおひつじ座にありました。なので、星占いはおひつじ座から始まるのですね。ただ、歳差運動によって春分点が移動してしまい、現在はうお座の、しかも西の端のほうまで移動してしまいました。西暦2600年頃には、更に隣のみずがめ座へと移動してしまいます。だからといって、私たちの生活にはたぶん何の影響もありません。星占いの誕生星座と実際の太陽の位置が、ますますずれる、といった程度のことでしょう。

恒星データ

Hipparcos
番号
バイ
エル
符号
赤径赤緯固有名
カタログ名
意味アルマゲスト名実視
等級
絶対
等級
スペクトル距離
(光年)
9487α Psc02h02.0m02°46’アルレシャひも2つの紐の結び目にある星3.820.67A2139
データ出典: バイエル符号・等級・スペクトル・距離 Hipparcos 星表  絶対等級・独自計算  固有名・意味 星座の神話  アルマゲスト名 アルマゲスト