うさぎ座

オリオン座の足元にいるウサギ。明るい星はありませんが、この星座も暗い空で見ると、結構星を追うことができます。

うさぎ星図

うさぎ座

名称星座名うさぎ
略号Lep
学名Lepus
所有格Leporis
英語名the Hare
設定者プトレマイオス
概略位置赤径5h25m
赤緯-20°
面積290
季節
南中2月上旬
星数1等0
2等0
3等4
4等6
5等13
6等44
変光星65
データ出典:
 星座名・概略位置・星数:天文年鑑2009
 名称(星座名を除く):IAU Webサイト
同じくらいの明るさの星が2つづつ、3列に並んでいます。それぞれの間隔がだんだん広がって、漢字の「川」の字のようにも見えます。右側(西側)から、ウサギの目と前足、身体、後ろ足を表している星たち、暗いながらにまとまった星座です。

「川」の真ん中の棒の星は、どちらも3等星。3等とは言っても、2等星後半の明るさで、バイエル名は順当にα、β。右側の目の星、前足の星は3等星前半。後ろ足の2つは3等星後半と、うまく配置されています。

右上の目の星から、4等星が小さな「V」に並びますが、これがウサギの耳。耳を見るには、それなりに空のきれいなところに行かなければなりません。

うさぎ座は、プトレマイオスの48星座のひとつ。オリオンが一番好んだ獲物がウサギ。オリオンに追われ、足元に隠れているのでしょうか。オリオンは目の前のおうしに夢中で、命拾いといったところです。

クリムゾンスター

ウサギの耳の右側に、うさぎ座Rという、ミラ型の変光星があります。明るくなると6等星、暗いときには12等星近くまで変化するようですが、「血のような赤」に見える、というところから、クリムゾンスターと呼ばれています。この星は炭素星と呼ばれる仲間で、その名の通り炭素が豊富で表面温度が低く、すぐそばのベテルギウスさそり座アンタレスも赤く見えますが、クリムゾンスターは「血の色」と言われる通り、もっと暗い赤です。

恒星データ

Hipparcos
番号
バイ
エル
符号
赤径赤緯固有名
カタログ名
意味アルマゲスト名実視
等級
絶対
等級
スペクトル距離
(光年)
25985α Lep05h32.7m-17°49’アルネブうさぎ胴体の中央星2.58-5.40F0Ib1280
25606β Lep05h28.2m-20°46’ニハルのどが渇いたラクダ腹の下の星2.81-0.63G5II159
23203R Lep04h59.6m-14°48’クリムゾンスター  8.081.08C7,6e820
データ出典: バイエル符号・等級・スペクトル・距離 Hipparcos 星表  絶対等級・独自計算  固有名・意味 星座の神話  アルマゲスト名 アルマゲスト