みずへび座

日本から見えない星座のひとつ。「うみへび」に比べると、ちょっと地味です。

みずへび星図

みずへび座

名称星座名みずへび
略号Hyi
学名Hydrus
所有格Hydri
英語名the Male Water Snake
設定者バイエル
概略位置赤径2h40m
赤緯-70°
面積243
季節南天
南中12月下旬
星数1等0
2等0
3等3
4等2
5等5
6等19
変光星126
データ出典:
 星座名・概略位置・星数:天文年鑑2009
 名称(星座名を除く):IAU Webサイト
みずへび座エリダヌス座の南にある星座、うみへび座りゅう座へび座などに比べると、小さな星座です。バイエル(バイヤー)がウラノメトリアに掲載した星座のひとつですが、このへびがどこから来たのかはよく分かっていません。バイエルは、うみへび座と対になるように「オスのヒドラ」と名前をつけています。うみへび座のヒドラ、ラテン語では女性形で、メスなのですね。昆虫などでは、メスのほうがずっと大きい種がありますが、ヒドラもそのようです。

みずへびの姿を追うには、まずはエリダヌス川の終点、アケルナルを探します。その南に見える3等星がへびの頭、αです。そこから、δ-ε-γ-βと星をつないで、へびが弧を描いている姿に見ます。

そういえば、うみへび座やりゅう座、へび座はみな身体が伸びていました。それが星座の大きさの違いでしょうか。

恒星データ

Hipparcos
番号
バイ
エル
符号
赤径赤緯固有名
カタログ名
意味アルマゲスト名実視
等級
絶対
等級
スペクトル距離
(光年)
9236α Hyi01h58.8m-61°34’   2.861.16F0V71.3
2021β Hyi00h25.7m-77°15’   2.823.45G2IV24.4
17678γ Hyi03h47.2m-74°14’   3.26-0.83M2III214
11001δ Hyi02h21.8m-68°40’   4.080.99A3V135
12394ε Hyi02h39.6m-68°16’   4.120.76B9III153
データ出典: バイエル符号・等級・スペクトル・距離 Hipparcos 星表  絶対等級・独自計算  固有名・意味 星座の神話  アルマゲスト名 アルマゲスト