からす座

銀の羽をもち、人の言葉を話せたという「からす」。今では、羽は真っ黒、カーカーとしか鳴けなくなってしまいました。

からす星図

からす座

名称星座名からす
略号Crv
学名Corvus
所有格Corvi
英語名the Crow
設定者プトレマイオス
概略位置赤径12h20m
赤緯-18°
面積184
季節
南中5月下旬
星数1等0
2等0
3等4
4等2
5等5
6等16
変光星44
データ出典:
 星座名・概略位置・星数:天文年鑑2009
 名称(星座名を除く):IAU Webサイト

おおぐまの尻尾から続く春の大曲線の終着地。春の大曲線は本当に大きく、角度にすると100度以上もあります。

からす座は、明るい星こそありませんが、3等星がゆがんだ四角形に並んでいて、暗い星まで見えるところでは結構目立つ並びです。四角形の右下の星からひとつはみ出しているのがα、からすの頭の星です。γ、δと翼、βが足、と見ると、カラスが何かをつついている姿を描くことができます。

このカラスは、太陽の神アポロンの伝令をしていましたが、道草をしてはウソをつくのが困ったところ。
どこの世界にも、うそつきはよくない、という教訓があります。このカラスの神話がまさにそれです。
あるとき、アポロンの妻コロニスが浮気をしている、というとんでもないウソをつき、それがばれて、人の言葉を取り上げられ羽も真っ黒に変えられて、夜空に銀の釘で張り付けられてしまいました。

全身が真っ黒になったからす、夜空にその姿は見えません。ただ、釘だけが光っている、というわけです。

ソンブレロ星雲

からす座ではなくおとめ座にある銀河です。からす座とおとめ座の境界付近にあるので紹介。
距離は約5000万光年、直径は20万光年弱もある大きな銀河です。メキシコの帽子ソンブレロに似ているところから名前がつけられました。
都会の空では望遠鏡を使っても見るのは難しいですが、空がきれいならば双眼鏡でも場所が分かります。
大き目の望遠鏡でみると、帽子のようなUFOのような、面白い形の星雲を見ることができます。

恒星データ

Hipparcos
番号
バイ
エル
符号
赤径赤緯固有名
カタログ名
意味アルマゲスト名実視
等級
絶対
等級
スペクトル距離
(光年)
59199α Crv12h08.4m-24°44’アルキバテント海蛇と共通な嘴の星4.023.17F0IV/V48.1
61359β Crv12h34.4m-23°24’クラズ 海蛇に共通な足の端の星2.65-0.51G5II140
59803γ Crv12h15.8m-17°33’ギエナ羽根右にある西翼の星2.58-0.94B8III165
60965δ Crv12h29.9m-16°31’アルゴラブからす東翼の2星の西星2.940.79B9.5V87.8
59316ε Crv12h10.1m-22°37’ミンカル 頭に近い頸にある星3.02-1.82K2III303
データ出典: バイエル符号・等級・スペクトル・距離 Hipparcos 星表  絶対等級・独自計算  固有名・意味 星座の神話  アルマゲスト名 アルマゲスト