うしかい座

膝に明るいアルクトゥールスをもつ、うしかいの姿。「ハイジ」のペーターでしょうか。

うしかい星図

うしかい座

名称星座名うしかい
略号Boo
学名Bo?tes
所有格Bo?tis
英語名the Herdsman
設定者プトレマイオス
概略位置赤径14h35m
赤緯30°
面積907
季節
南中6月下旬
星数1等1
2等1
3等3
4等12
5等34
6等113
変光星211
データ出典:
 星座名・概略位置・星数:天文年鑑2009
 名称(星座名を除く):IAU Webサイト
アルクトゥールスは全天で4番目に明るい星。日本からは、2番目のカノープス、3番目のケンタウルス座アルファはなかなか見えませんから、実質2番目に明るい星と言ってもいいでしょう。

アルクトゥールスから、北に向ってε、δ、β、γ、ρとつないで、ゆがんだネクタイのような、アイスクリームのような形を作ると、牛飼いの姿が浮かび上がります。βが頭、δとγが両肩、εとρが腰の星です。振り上げた左腕の先には2匹の猟犬がいて、おおぐまを追いかけている姿。
この、頭と両肩、両腰の五角形の星の並びは人物星座でポピュラーで、うしかい座のほかにはヘルクレス座へびつかい座ケフェウス座アンドロメダ座と、有名どころが並びます。パターンとして覚えてしまうのも星座探しのコツかもしれません。

古くからあるうしかい座ですが、「うしかい」としての神話はなく、おおぐま座こぐま座の神話の、クマにされたカリストの息子アルカスだとか、ゼウスたちとの戦いに敗れたティターン族のアトラスが天を支える姿などといわれます。まず、アルクトゥールスありきで、おおぐまのあとについて日周運動をしますから、「熊の番人」という名前がつき、そこからうしかいが連想されたようです。自分の飼っている牛を熊から守っている、というところ。

「天を支えるアトラス」は、うしかい座の頭の上、北のりゅう座にある黄道北極を天球、それを担いでいると見ます。さすがの巨人アトラスにも、天を担ぐのは大変だったようで、ペルセウスにメデューサの首を見せてもらい岩になった、それがアフリカのアトラス山脈だ、といいます。

プルケリマ

プルケリマ

プルケリマ

うしかい座には、有名な二重星があります。腰の星ε、固有名はイザル(腰ぬの)といいますが、別名のプルケリマの方が有名です。二重星の研究で知られるロシアの天文学者シュトルーベが、黄色い3等星と青白の5等星が角度の3秒弱で並んだ姿を絶賛し、ラテン語の「美しい」の最上級「プルケリマ(Pulcherrima)=最も美しいもの」と名づけました。
黄色と青の二重星は、はくちょう座アルビレオやアンドロメダ座のアルマクなどが有名ですが、プルケリマは、それらよりも2つの星の間隔が狭いので、寄り添って輝く姿はいかにも二重星らしい。

この二重星を見るには、少し大きめの望遠鏡で、倍率も高めにしたいところです。

恒星データ

Hipparcos
番号
バイ
エル
符号
赤径赤緯固有名
カタログ名
意味アルマゲスト名実視
等級
絶対
等級
スペクトル距離
(光年)
69673α Boo14h15.7m19°11’アルクトゥールス熊の番人両腿の間にあってアークトルスとよばれる火のような星-0.05-0.31K2IIIp36.7
73555β Boo15h01.9m40°23’ネカル牛を追っていく人頭にある星3.49-0.64G8III219
71075γ Boo14h32.1m38°18’セギヌス 左肩の星3.040.96A7IIIvar85.1
74666δ Boo15h15.5m33°19’  右肩にある星3.460.69G8III117
72105ε Boo14h45.0m27°04’イザル
プルケリマ
腰ぬの
最も美しいもの
帯にある右腿の星2.35-1.69A0210
71795ζ Boo14h41.1m13°44’  右踵の星3.780.06A3IVn180
67927η Boo13h54.7m18°24’ムフリッド槍つかいの一つ星左脚の3星の北星2.682.41G0IV37
70497θ Boo14h25.2m51°51’アセルスプリムス その(κ)南にある東星4.043.22F7V47.5
69483κ Boo14h13.5m51°47’アセルステルティウス 左手にある星の西星4.531.14A8IV155
75411μ Boo15h24.5m37°23’アルカルロプス羊飼いの持つさきの曲がった杖杖にある北の星4.311.46F0V121
75973ν Boo15h30.9m40°50’  さらに(μ)北で杖の端にある星5.04-2.10K5III872
71053ρ Boo14h31.8m30°22’  その(σ)西星3.570.27K3III149
71284σ Boo14h34.7m29°45’  帯の2星の東星4.473.52F3Vwvar50.4
データ出典: バイエル符号・等級・スペクトル・距離 Hipparcos 星表  絶対等級・独自計算  固有名・意味 星座の神話  アルマゲスト名 アルマゲスト