ポンプ座

当時の最先端機器の星座のひとつ。ポンプ座。正式には、「真空ポンプ座」

ポンプ星図

ポンプ座

名称星座名ポンプ
略号Ant
学名Antlia
所有格Antliae
英語名the Air Pump
設定者ラカイユ
概略位置赤径10h0m
赤緯-35°
面積239
季節
南中4月下旬
星数1等0
2等0
3等0
4等2
5等9
6等32
変光星84
データ出典:
 星座名・概略位置・星数:天文年鑑2009
 名称(星座名を除く):IAU Webサイト
ラカイユが作った星座のひとつです。「真空が存在する」ことは、1643年にガリレオの弟子だったトリチェリによって、有名な水銀柱の実験によって示されました。それ以降、産業革命に一役買い、真空管として現在の電子技術のさきがけとなり、CDやDVD、液晶の製作など、現在に至るまで真空を用いたさまざまな技術が広く使われていますが、その真空を作り出すのがこの真空ポンプ。ラカイユが星座絵にしたのは、フランスのデニス・パパンなる人物の発明した足踏み式のものといわれます。ラカイユがこの星座を作った1750年ころには、ボイルの法則で有名なボイルなどによって真空ポンプは改良が加えられていたのですが、昔の機械を記念に星座にしたのでしょうか。

そんな偉大な真空ポンプですが、星座はいまひとつぱっとしません。うみへび座の南に4等星がふたつ輝いているのですが、実際の星空で見つけるのは難しそうです。