88星座紹介

星座は全天で88個あります。ここでは、その一つ一つを紹介していきましょう。
星座名の50音順で並んでいます。

アンドロメダ座

元祖・ヒロイックファンタジーのヒロイン、とでも言いましょうか。続きを読む »

いっかくじゅう座

いっかくじゅう座は、冬の大三角の中、天の川にひっそりと隠れている星座です。続きを読む »

いて座

ケンタウルス族の賢者、ケイロンの姿。続きを読む »

いるか座

都会の空では見つけるのは難しい星座のひとつですが、夏の大三角の東のひし形の星並びは、結構目立ちます。続きを読む »

インディアン座

季節は秋の星座ですが、地平線近くのため、日本からはほとんど見ることができません。続きを読む »

うお座

黄道12宮最後の星座。2匹の魚がひもでつながっています。続きを読む »

うさぎ座

オリオン座の足元にいるウサギ。明るい星はありませんが、この星座も暗い空で見ると、結構星を追うことができます。続きを読む »

うしかい座

膝に明るいアルクトゥールスをもつ、うしかいの姿。「ハイジ」のペーターでしょうか。続きを読む »

うみへび座

全星座中、面積が最大の星座。続きを読む »

エリダヌス座

オリオンの足もとから流れる空の川。その先にあるのは川の果て(アケルナル)続きを読む »

おうし座

ゼウスが化けたという牡牛の姿。有名なすばるもこの星座の中にあります。続きを読む »

おおいぬ座

オリオンの連れた猟犬。鼻先に輝くのはシリウス。続きを読む »

おおかみ座

夏の空低いところで、ケンタウルスに槍で突かれているオオカミの姿。続きを読む »

おおぐま座

「北斗七星」を身体に持つ星座。暗い空ならびっくりするほど大きなクマの姿を見ることができます。続きを読む »

おとめ座

春の空に横たわる乙女。農業と正義、二役の女神様の姿。続きを読む »

おひつじ座

黄道12宮最初の星座。現在にも伝わる占星術が成立した古代ギリシャの時代、春分点はこの星座にありました。続きを読む »

オリオン座

オリオン座は、誰でも知っている星座の名前でしょう。続きを読む »

がか座

画家ではなく、画架。絵を描く時に使うイーゼルのことです。けれども、学名の「Pictor」は「画家」 混乱していますね。続きを読む »

カシオペヤ座

アンドロメダのお母さん。この人が余計な事を言わなければ、アンドロメダは苦労をせずに済んだかも。続きを読む »

かじき座

かじき座は、アルゴ船の下、海の中にいる魚の1匹です。もう1匹はとびうお。なかなかお茶目な星座の配置です。続きを読む »

かに座

とても友達思いのカニ。ずっと空にいるせいか、泡を吹いています。続きを読む »

かみのけ座

星座といっても微光星のあつまり、星を追うのは難しい。実は散開星団。続きを読む »

カメレオン座

南十字星の近くにある星座。隣のハエを狙っています。続きを読む »

からす座

銀の羽をもち、人の言葉を話せたという「からす」。今では、羽は真っ黒、カーカーとしか鳴けなくなってしまいました。続きを読む »

かんむり座

クレタ島の王女アリアドネに、酒精の神ディオニュソスが贈ったという冠。続きを読む »

きょしちょう座

漢字で書くと「巨嘴鳥」 熱帯の「オオハシ」のことです。続きを読む »

ぎょしゃ座

馬車の運転手、御者。最近は使わない言葉の一つですね。続きを読む »

きりん座

南半球の星座のようにも思いますが、北の空の星座です。続きを読む »

くじゃく座

熱帯の美しい羽をもつ鳥の星座のひとつ。続きを読む »

くじら座

アンドロメダを襲おうとし、ペルセウスに退治されてしまったくじら座。バケクジラだけに、いろいろなものをその身体に隠しているようです。続きを読む »

ケフェウス座

古代エチオピア国王にして、カシオペヤの夫、アンドロメダの父。女性軍に押されて影が薄い王様です。続きを読む »

ケンタウルス座

半人半馬のケンタウルス族。ふたつ目の星座です。続きを読む »

けんびきょう座

当時最先端の観測機器だった「顕微鏡」の星座。暗い星ばかりで「望遠鏡」で見ないと分からないかも。続きを読む »

こいぬ座

オリオンが連れている猟犬の1頭ですが、とてもかわいらしい「こいぬ」です。続きを読む »

こうま座

ペガススの鼻先にいる「こうま」 でも、頭だけ。私は、チェスの「ナイト」を思い出します。続きを読む »

こぎつね座

こぎつね座ははくちょうの翼の下にありますが、天の川の中にある暗い星だけの星座なので、探すのは大変です。続きを読む »

こぐま座

熊に変えられた母親を捕らえようとして、一緒に熊にかえられたアルカスの姿。尻尾の先には北極星が輝きます。続きを読む »

こじし座

ライオンの頭に乗っかるようにいる子ライオン。でも、探すのはなかなか大変です。続きを読む »

コップ座

神々の酒杯というコップ。ラテン語ではクラーテル。英語読みはクレーター。衝突跡のクレーターの語源です。続きを読む »

こと座

琴の名人オルフェウスが持っていたという琴。ハープの原型といいます。続きを読む »

コンパス座

南半球にある航海道具星座?のひとつ。続きを読む »

さいだん座

さそりの下にある祭壇。日本からはほとんど見えません。続きを読む »

さそり座

オリオンを懲らしめたさそり。この星の並びをさそりの尾と見るのはすばらしいセンスですね。続きを読む »

さんかく座

小さくて暗い星でできているけれども、なぜだかめだつ「さんかく」続きを読む »

しし座

黄道12星座の中でも、1、2を争う格好良さでしょう。続きを読む »

じょうぎ座

ラカイユが作った南天星座のひとつ。となりにはコンパス座もあります。続きを読む »

たて座

ヘヴェリウスが作った星座のひとつ。実在の人物の持ち物が星座になっています。続きを読む »

ちょうこくぐ座

彫刻具。彫刻刀でしょうか。続きを読む »

ちょうこくしつ座

彫刻室。彫刻家のアトリエ、というわけでしょうか。地味な部屋のようです。続きを読む »

つる座

ペガススの西側の二つの星を結んで南にのばし、フォーマルハウトを見つけてさらにのばしていくと、続きを読む »

テーブルさん座

テーブル山。南アフリカにある、山頂が平らな山です。続きを読む »

てんびん座

正義の女神アストレイアが善悪の計量に使ったという天秤。続きを読む »

とかげ座

とかげ座というと南半球の星座のようですが、実は北半球の星座です。続きを読む »

とけい座

当時最先端の機器のひとつ。時計。時計の発達とともに、航海の安全も高まっていきました。続きを読む »

とびうお座

アルゴ船の下、海の中にいる魚の星座のひとつ。続きを読む »

とも座

「友」ではなく「船尾」 友座も素敵ですが。続きを読む »

はえ座

ハエの星座。天文学者も何を考えているんでしょうか。ミツバチだった、とも言いますが。続きを読む »

はくちょう座

オリオン座、しし座、さそり座と並ぶ、きれいな星座でしょう。続きを読む »

はちぶんぎ座

太陽や月、星などの高度をはかる道具の八分儀。続きを読む »

はと座

冬の南の空低く飛ぶ鳩。隣にはアルゴ船があります。一説にはノアの方舟の鳩とか。続きを読む »

ふうちょう座

「風鳥」 ニューギニア島に生息する極楽鳥のことです。続きを読む »

ふたご座

航海の守り神、カストルとポルックス。双子ですが、兄は人間、弟は神。続きを読む »

ペガスス座

メデューサの血の中から生まれ出たという天馬ペガスス。続きを読む »

へび座

へびつかいが持っている「へび」 頭としっぽが離ればなれに。続きを読む »

へびつかい座

名医アスクレピオスの姿。蛇は脱皮をするので、古代ギリシャでは健康のシンボルだったとのこと。続きを読む »

ヘルクレス座

ギリシャ神話を代表する勇者。女神ヘラの呪いを受け続けた不幸のひと。続きを読む »

ペルセウス座

アンドロメダのヒーロー。ヘルクレスのひいおじいさんでもあります。続きを読む »

ほ座

春の南の空低くに見える、アルゴ船の一部、「帆」続きを読む »

ぼうえんきょう座

当時の最先端機器の星座のひとつ、ぼうえんきょう座。望遠鏡で見ないと分からないかも。続きを読む »

ほうおう座

南天の鳥の星座のひとつ。不死鳥の星座。続きを読む »

ポンプ座

当時の最先端機器の星座のひとつ。ポンプ座。正式には、「真空ポンプ座」続きを読む »

みずがめ座

水亀ではなく水瓶。美少年が青年になった姿。神々の飲むネクタールが入っている瓶を持っているとも。続きを読む »

みずへび座

日本から見えない星座のひとつ。「うみへび」に比べると、ちょっと地味です。続きを読む »

みなみじゅうじ座

とても有名な「南十字」 でも、星座だと知っている人は意外と少ないかも?続きを読む »

みなみのうお座

ペガスス座の四角形、秋の四角形の西側の二つの星を結んで南にのばしていくと、ポツンと輝く星が見つかります。続きを読む »

みなみのかんむり座

いて座の足元にある、くるっとした星の並び。冠というよりも、レモンというほうが、私は好きです。続きを読む »

みなみのさんかく座

日本からは見えない星座のひとつ。3つ星が集まれば、みんな三角という話も。続きを読む »

や座

天の川の中にある「矢」 暗い星ばかりの小さな星座ですが、探すと結構楽に見つかります。続きを読む »

やぎ座

「♪あわてんぼうの~」というクリスマスソングがありますが、こちらはあわてんぼうの神様の姿。続きを読む »

やまねこ座

早春の空に潜んでいる山猫。山猫のような鋭い目で観察しないと見つからないかも。続きを読む »

らしんばん座

元アルゴ座の一部、と思いきや、ラカイユの好きな、当時の最先端機器の星座のひとつ。続きを読む »

りゅう座

金のリンゴを守っている「りゅう」 空では、黄道北極を守っています。続きを読む »

りゅうこつ座

アルゴ船の一部。船の中でも一番大切といわれる「竜骨」 その先にはカノープスが輝きます。続きを読む »

りょうけん座

「うしかい」がつれている2匹の猟犬。ちっとも熊の番をしないご主人様に代わって、一生懸命追い立てています。続きを読む »

レチクル座

ラカイユの最先端機器星座のひとつ。天体望遠鏡の視野の、天体の位置を測定するための十字のこと。続きを読む »

ろ座

ラカイユの好きな最先端機器の星座のひとつ。化学実験に使う炉です。続きを読む »

ろくぶんぎ座

ヘヴェリウスの使っていたという六分儀。火災にあって、紛失してしまったそう。続きを読む »

わし座

ゼウスが化けたというワシ。ワシは、ゼウスのシンボルです。続きを読む »