恒星の直径・質量

一般的な恒星では、直径と質量は、そのスペクトル型と光度に応じてほぼ決まっています。乱暴な言い方をすれば、星の色と明るさで、どれくらいの大きさ・質量があるか分かるということです。

スペクトル型ごとの平均的恒星の直径・質量
(太陽単位)
スペクトル型 主系列星 巨星 超巨星
直径 質量 直径 質量 直径 質量
O5 18 50
B0 7.5 18 16 20 50
B5 4 6.5 10 20 25
A0 2.5 3.2 6 40 16
A5 1.7 2.1 50 13
F0 1.3 1.8 12
F5 1.2 1.5 80 10
G0 1.1 1.1 6 2.5 100 10
G5 0.93 0.9 10 3.2 130 12
K0 0.85 0.8 16 4 200 13
K5 0.74 0.7 25 5 400 15
M0 0.63 0.5 6.3 500 17
M5 0.3 0.2 800

主系列星は、星の一般的な姿。太陽も含め、空に見えるほとんどの星が主系列星です。超巨星は、2つの種類に分けられます。表の上のほう、B型、A型の星(早期型と呼ばれる)は、太陽よりもずっと重い星たち。K型、M型の星(晩期型)は、年老いた星が膨張したもの。巨星は、主系列星と超巨星の中間のもの。

小学校で、星にはいろいろな色や明るさがある、ということを教えるのは、見てすぐに分かる、ということが大きいでしょうが、星の分類がその二つで行われる、ということを示している、と思います。

[恒星の世界 P46]