ヴェガ

お盆のころ、頭の真上に涼しげに輝くヴェガ。おりひめ星です。星座では、こと座の琴の、持ち手にある宝石。ダイアモンドでしょうか。

恒星データ

Hipparcos
番号
バイ
エル
符号
赤径赤緯固有名
カタログ名
意味アルマゲスト名実視
等級
絶対
等級
スペクトル距離
(光年)
91262α Lyr18h36.9m38°47’ヴェガ落ちるわし耳にあるリラと呼ばれる星0.030.58A0Vvar25.3
データ出典: バイエル符号・等級・スペクトル・距離 Hipparcos 星表  絶対等級・独自計算  固有名・意味 星座の神話  アルマゲスト名 アルマゲスト
ヴェガと太陽

ヴェガと太陽

ヴェガは、日本で簡単に見ることができる星の中では3番目に明るい星です。夏の夕方に空を見上げ、天頂付近に白く輝く明るい星を見つけたら、まずこの星に間違いありません。

星の赤緯を調べると、その星が南中したとき、どれくらいの高度になるかを知ることができます。地球の赤道を空に伸ばして描かれるのが「天の赤道」 地球の極を空に伸ばした点が「天の極」ですから、ある地点の緯度と同じ赤緯の値を持つ星は、その地点で天頂を通過します。ヴェガは、赤緯38度47分ですので、北緯38度47分の地点で、天頂を通過、ちょうど、仙台のあたり。仙台の七夕祭りは、おりひめ星が頭の真上に見えるのですね。
もちろん、仙台だけではなく、日本中どこでも、ヴェガはほぼ頭の上に輝く星というわけです。

ヴェガのそばにある2つの4等星をつなぐと、本当に小さな三角形ができます。それを、ワシが地上に降りてくる様子に見立てて、アラビア語で「落ちるワシ」という意味のヴェガ、と名付けられたそう。天の川を隔てて、同じように3等星と4等星が隣に輝くひこぼし、わし座アルタイルは、アラビア語で「飛ぶワシ」という意味。日本では夫婦、西洋ではワシ、ペアとして見られていて、その対比が面白いですね。

ヴェガ 概要

ヴェガの直径は太陽の約2.7倍。ただし、それは地球から見たときです。ヴェガは大きな星ですが、12時間半弱で自転しています。これは、自転によってヴェガが分裂する理論速度の92%にあたるそう 1 。なので、ヴェガは赤道方向に極端に膨れた形をしているようです。極方向では、太陽の約2.3倍ほどしかありません。
太陽系はヴェガの自転軸の延長上にあり、ヴェガが一番大きく見える位置にあります。そして、極方向はつぶれているので中心核に近いということ。極の温度は赤道よりも約2000度も高く、約1万度もあり、普通のスペクトル型A0の星よりも明るく見えているというわけです。