スピカ

春の南の空に見える白い星。日本では、真珠星と呼んでいた地方もあったそうです。スピカの白い輝きは、真珠の名にふさわしい。

恒星データ

Hipparcos
番号
バイ
エル
符号
赤径赤緯固有名
カタログ名
意味アルマゲスト名実視
等級
絶対
等級
スペクトル距離
(光年)
65474α Vir13h25.2m-11°10’スピカ穀物の穂右手の端にあるスピカと呼ばれる星0.98-3.55B1V262
データ出典: バイエル符号・等級・スペクトル・距離 Hipparcos 星表  絶対等級・独自計算  固有名・意味 星座の神話  アルマゲスト名 アルマゲスト
スピカは、北斗七星から始まる春の大曲線で見つかる1等星のふたつ目。ひとつ目はうしかい座アルクトゥールス、白いスピカと対照的なオレンジ色をしている星です。

「スピカ」という名前は、「麦の穂」という意味、詳しくは、麦の穂先のとがっている部分だといいます。スパイクシューズの「スパイク」と語源が同じだそう。先のアルクトゥールスは、日本で「むぎぼし」と呼んだ地方があり、東西で春の空の目立つ星に「麦」という名前をつけています。初夏に収穫をする麦という作物が、世界中でとても大切にされていたのが、星の名前からも分かります。
ギリシャ神話でも、このスピカのある星座、おとめ座は、農業の神デーメテールの姿に見られます。麦の刈り入れの終わった夜空に輝くスピカ、収穫をつかさどっているかのようです。

スピカは、太陽の通り道、黄道のすぐ近くにある星ですので、時々月にも隠されます。1等星で月に隠されるのはこのスピカと、しし座レグルスさそり座アンタレスおうし座アルデバランだけです。

スピカと太 陽

スピカと太 陽

月には大気がありませんから、星は一瞬にして隠されます。その経過を詳しく観測することで、隠された星のことを詳しく知ることができ、このスピカは、5つの星からなる多重星であることが分かっています。望遠鏡を向けて見ることができるAとBのペアがあり、主星のAがさらに4つの星で構成され、そのうち明るい2つのペアは、それぞれ太陽の8倍、4倍の直径(右図)、1800万kmほど離れて約4日の周期で回りあっています。

スピカは麦の穂、というだけあり、たくさんの星でできているようです。