ポルックス

ふたごの頭にある星のひとつ。弟の方が明るいのは、神様だからでしょうか。ポルックスは1等星、カストルが2等星。ギリシャ神話では、ふたごの弟、ポルックスが神の血を引いていて、兄のカストルは人間の血を引いていることになっています。

Hipparcos
番号
バイ
エル
符号
赤径赤緯固有名
カタログ名
意味アルマゲスト名実視
等級
絶対
等級
スペクトル距離
(光年)
37826β Gem07h45.3m28°02’ポルックスポルックス東の双子の頭の赤い星(ポルックス)1.161.09K0IIIvar33.7
データ出典: バイエル符号・等級・スペクトル・距離 Hipparcos 星表  絶対等級・独自計算  固有名・意味 星座の神話  アルマゲスト名 アルマゲスト

 

ポルックスと太 陽

ポルックスと太 陽

冬の空高く、明るい星が並んで見えます。双子の頭に輝く、カストル、ポルックス。角度にして5度弱、腕を伸ばして見た拳の半分ほどですので、結構な近さです。

カストルは2等星、と言っても、細かくいうと1.59等星、ポルックスは1等星、と言っても1.15等星、その差は0.44等星、数字的にも見た感じも、そう違わない印象です。

カストル、ポルックスの大きな違いは、その色。右の図のとおり、ポルックスは黄色ですが、カストルは白。日本では、ポルックスを「きんぼし」 カストルを「ぎんぼし」とよんでいた地方もあるそうです。

 

同じくらい離れている明るい星のペアは、たとえばオリオン座の肩の星、ベテルギウスとベラトリックスや、日本から見るのは難しい、ケンタウルス座のケンタウルスアルファとハダル、南十字のアルファ、ベータなど、いくつかありますが、ふたご座のペアは、まわりに明るい星がないので、よく目立ちます。

 

ポルックスまでの距離は34光年、直径は太陽の約9倍、質量は太陽の2倍弱、明るさは太陽の32倍、スペクトルでは、K0IIIbで、オレンジ色の巨星と分類されます。ポルックスは、太陽に一番近い巨星。質量の割に直径が大きいのは、水素の核融合が進み、中心にヘリウムの核ができているからだと考えられます。

私達の太陽も、数十億年後にはポルックスのような姿になることでしょう。