ハダル

ケンタウルスの前足に輝く1等星。ケンタウルス座は1等星が2つもある星座です。1等星が2つある星座は、このケンタウルス座とオリオン座みなみじゅうじ座。1等星と2等星のペアで有名のは、ふたご座のカストル、ポルックスでしょうか。

みなみじゅうじ座は、元々はケンタウルス座の後ろ足でしたから、ケンタウルス座は、作られた当時は1等星を4つ持つ星座だったのですね。前足にある1等星のうち、右側、西側にあるのがこのハダルです。

Hipparcos
番号
バイ
エル
符号
赤径赤緯固有名
カタログ名
意味アルマゲスト名実視
等級
絶対
等級
スペクトル距離
(光年)
68702β Cen14h03.8m-60°22’ハダル地面左足の膝の星0.61-5.42B1III525
データ出典: バイエル符号・等級・スペクトル・距離 Hipparcos 星表  絶対等級・独自計算  固有名・意味 星座の神話  アルマゲスト名 アルマゲスト

ハダルと太 陽

ハダルと太 陽

ハダル概要

ハダルは、スペクトル型B1、太陽系から500光年ほどで、絶対等級が-5.4等星、太陽よりも1万倍も明るい星です。この星は連星で、望遠鏡で観測すると、すぐそば、角度の1秒ちょっとのところに4等星の伴星があります。伴星との距離は200天文単位、公転周期は数百年と考えられていました。
ところが、21世紀に入ってからの最新の観測で、主星がさらに連星であること1、ハダルまでの距離は350光年ほど、これまでの半分強だということが分かりました。ふたつの星、ハダルA1とA2は、近づくと0.46天文単位、太陽-水星くらいまで、離れると4.72天文単位、太陽-木星くらいと、結構な楕円を357日の周期で回り、どちらも太陽の10倍ほどの質量、8倍程度の直径だと考えられています。距離が近づきましたので、ふたつの星の絶対等級はそれぞれ-3.8等星程度、太陽の3000倍程度の明るさ、伴星までの距離も110天文単位となりました。

上のハダルのデータは、1990年代後半に観測したヒッパルコス衛星のもので、最新の情報ではありませんが、このサイトでは、これからもしばらくはこのデータを利用する予定です。