アクルックス

みなみじゅうじ座は、1等星が2つ、2等星と3等星で十字架を形づくっています。みなみじゅうじ座アルファ、アクルックスは十字架の足元に輝く星。みなみじゅうじ座の中でいちばん明るいのですが、日本のほとんどから見えず、北緯24度の石垣島や西表島でも南中高度は3度程度です。

Hipparcos
番号
バイ
エル
符号
赤径赤緯固有名
カタログ名
意味アルマゲスト名実視
等級
絶対
等級
スペクトル距離
(光年)
60718α Cru12h26.6m-63°06’アクルックス (ケンタウルスの)同じ足(δ)頸の星0.77-4.19B0.5IV321
データ出典: バイエル符号・等級・スペクトル・距離 Hipparcos 星表  絶対等級・独自計算  固有名・意味 星座の神話  アルマゲスト名 アルマゲスト
アクルックスと太 陽

アクルックスと太 陽

アクルックス概要

アクルックスという名前、固有名は、αCrux、南十字座の学名クルックスと、バイエル(バイヤー)符号の「アルファ」がくっついたものです。南十字のβ星、γ星も、ベクルックス、ガクルックスと呼ばれています。それはつまり、古代からある名前ではないということ、南十字の星たちは、もともとはケンタウルス座の後ろ足でした。

アクルックスは、1.4等星と2.1等星の二重星です。スペクトルはどちらもB型、離角は角度の4秒、望遠鏡で見ると青白い星が並んで見えて美しいそう。さらに、角度の90秒ほど離れたところに、同じB型の5等星の星があり、大き目の双眼鏡なら二重星に見えそうです。

アクルックス

アクルックス


アクルックスの明るいほう、アクルックス1はさらに二重星で、望遠鏡でもふたつに分けることはできませんが、太陽の14倍と10倍の質量を持つ星と考えられます。右の図は、アクルックス1の重いほうの星Aと、望遠鏡で分かれて見えるアクルックス2の大きさを太陽と比較したもの。

この星は太陽系から320光年ほどの距離にあり、3つの星を合わせた絶対等級は-4等、太陽よりも3000倍も明るい星たちです。