アケルナル

日本ではなじみのない1等星のひとつ。川の果てにあります。アケルナルは「川の果て」という意味。太陽の神ヘリオスの息子ファエトンが、父親の太陽の馬車に乗り操縦に失敗、全身を焼き焦がして落ちたのがこの川、エリダヌス川です。

恒星データ

Hipparcos
番号
バイ
エル
符号
赤径赤緯固有名
カタログ名
意味アルマゲスト名実視
等級
絶対
等級
スペクトル距離
(光年)
7588α Eri01h37.7m-57°14’アケルナル川の果て 0.45-2.77B3Vp144
データ出典: バイエル符号・等級・スペクトル・距離 Hipparcos 星表  絶対等級・独自計算  固有名・意味 星座の神話  アルマゲスト名 アルマゲスト
アケルナルと太 陽

アケルナルと太 陽

アケルナル概要

エリダヌス座の南の果てにあるアケルナルは、日本ではほとんど見ることができません。沖縄や小笠原でいちばん高く昇っても角度の5度、なじみがないのも仕方ありません。

明るさは0.45等星、絶対等級は-2.77、もし、シリウスの距離でこの星が輝いていたら、金星よりもずっと明るい-6等星ほどで輝いたことでしょう。スペクトルはB3、高温度星でも特別に自転速度が速い、Be型と呼ばれる星です。
右の図を見ていただくと分かるようにアケルナルはとてもつぶれています。アケルナルの自転速度は秒速250km! ヴェガアルタイルのように自転速度が大きく、遠心力で赤道付近が膨らみ、極方向と赤道方向の直径は倍も違います。赤道付近からはガスが流れ出し、アケルナルの周りを囲んでいると考えられています。そのガスが、アケルナルの光によってスペクトルの中に輝線を作るため、輝線星と呼ばれているのです。